【応援よろしくお願いします。】

推薦入試にも出される!2016年の重大ニュース15選

2016年の重大ニュース15選

2016年も残り少なくなりました。

そこでこの記事では2016年の重大なニュース15選をまとめました。

日本人であるからには知っておいてほしいニュース、特に受験生は社会の時事問題、また推薦入試の面接や筆記試験で出題される可能性が高いです。

※下記は12月7日段階の情報であり、それ以降に事実が変わっている場合がございます。

【スポンサーリンク】

政治資金を私的利用し閣僚を辞任した甘利大臣

甘利元経済再生相

現金授受の疑惑を週刊文春に報じられていた甘利元経済再生相が2回に渡る約100万円の現金授受の事実を認め大臣を辞任。

この計100万円については、千葉県内の建設業者の関係者からの寄付として、地元選挙区支部の政治資金収支報告書に記載されているとしたが、地元事務所の秘書が別途受け取っていた500万円のうち、300万円を適正に処理せず、個人的に使っていたことが分かったと明らかにした。

日本初!日本銀行がマイナス金利の導入を発表

マイナス金利

2016年1月下旬の日銀政策決定会合で、日本初となる「マイナス金利」の導入が決定されました。

マイナス金利とは、まず大前提として私たちに直接関係のあることではなく、日本銀行と各金融機関に働く金利のことです。

各金融機関は日本銀行に多額の預金をしていますが、そこにマイナス0.1%の金利が働くことにより、各金融機関は日本銀行にお金を預けていると金利を支払わなくてはならないという事態になります。

そこで各金融機関としては日本銀行にお金を預けて金利を払うよりも、個人や企業に対してお金を動すことにより、市場に回るお金が増えることで景気を良くしようとするしくみがマイナス金利のしくみです。

マイナス金利が私たちに与えるメリット

各金融機関は持っているお金を日本銀行に眠らせるのではなく、市場で回そうとします。

つまり出来るだけ企業や個人に融資をしたいので、今までに比べて住宅ローンや自動車ローンの金利が下がります。またそれらの審査が緩和される可能性もあります。

それに伴い、不動産や自動車がよく売れるようになり、その業界はかなり恩恵を受けたと考えられます。

マイナス金利が私たちに与えるデメリット

一方でマイナス金利が私たちにもたらすデメリットとしては、各金融機関の金利が下がるということです。

私たちは各金融機関にお金を預けることにより、1年で数%の金利を受け取っていました。

この金利が下がることにより、銀行に預金をしてもほとんど金利を受け取ることができなくなります。

またATMの利用手数料や振込手数料の引き上げが私たちの財布事情に影響を及ぼしました。

軽井沢スキーバス事故

軽井沢スキーバス転落事故

2016年1月15日午前1時55分頃、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近で、群馬方面から長野方面に向かっていたスキー客を乗せた大型観光バスが、対向車線にはみ出して反対車線側にあるガードレールを突き破り、約3メートル下の斜面に転落しました。

この事故により多数の死亡者、重軽傷者が出ました。

調査によると、事故現場の役250メートル手前の制限速度は50km/h、バスはその制限速度を大きく上回る100km/hで走行。

バスを運転をしていたドライバーは中型バスやマイクロバスなどの運転には慣れていたが、大型バスの運転は不慣れでこれまでに4回ほどだったという明らかな経験不足。技量不足の状態で深夜の運転をしていたそうです。

スキーツアーを企画したのは旅行会社のキースツアー、バスを運行していたのはバス会社のイーエスピー。

バスを運行したイーエスピーは13日、運転手の健康状態の把握や定期的な適性診断を怠るなどの違反があったとして、バス1台について20日間の運行停止処分を受けていました。

価格競争がもたらす過重労働の結果

2012年に関越道でのバス事故が起こりました。

それまで夜行バスの運転手は1人でも良かったのですが、この事件を受けて500km以上の走行になる場合、運転手は2名以上が必要になりました。

その結果、運行会社としては人件費などの運営コストの上昇につながりました。しかし市場での価格競争は止まりません。

運営会社としては運営コストを減らすために、多くのドライバーを雇わず、最低限のドライバーに過酷な運転という労働を課していたということになります。

その結果、一人のドライバーの負担は増大し、労働にも影響を及ぼすと考えられます。

インバウンドを推進する観光立国への懸念

バス事故はスキーツアだけではなく多方面に影響を及ばします。

その一つとしてインバウンドへの影響が大きく考えられます。

インバウンドとは海外からの訪日外国人のことを言いますが、訪日外国人は日本を観光するときに鉄道やバスを使います。

最近は夜行バスを使って大阪、東京間を移動する外国人が増えてきています。

海外でこの事件がどう扱われているかはわかりませんが、少なくとも海外に拠点を置く訪日旅行会社にはこの情報が届いています。

そのため、訪日旅行への不安材料として捉えられる可能性があり、東京オリンピックへ向けた訪日外国人の増加へ影響を及ぼすかもしれません。

ブラジルや中南米を中心に流行しているジカ熱

ジカ熱

ジカ熱とは正式にはジカウイルス感染症といい、主に蚊などによって感染します。

感染しても症状が現れる人は2割くらいとは言われますが、感染しても軽症で済む場合がほとんどですが、妊婦さんが感染すると障害をもった子供が生まれてくる可能性もあるとても恐ろしい感染症です。

WHO(世界保健機関は)2016年2月1日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

緊急事態宣言は西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱への対応で2014年8月に出されて以来で、これにより、国際社会は感染の封じ込めに向け、一致したさらなる行動を求められます。

日本でも厚生労働省が1月21日にブラジルや中南米へ渡航する際には長袖を着用すること、妊婦の渡航は控えることを発表されました。

2016年の夏季オリンピックがブラジルのリオで開催されることにより、多くの人種の交流から日本にもジカ熱が持ち込まれるのではないかと懸念されました。ゴルフ界のトップクラスの選手である松山英樹選手はジカ熱の不安を払拭できず、オリンピック出場を辞退しました。

ベルギー同時多発テロ

ベルギー同時多発テロ

2016年3月22日にベルギーのブリュッセル国際空港が自爆テロで爆破され、その1時間後にも中心部の地下鉄駅内で自爆テロが起き、30人超えの死亡者が出ました。

過激派組織のISが犯行声明を出し、ベルギー検察は実行犯5人を特定。自爆死した3人を除く容疑者2人を拘束しました。

このニュースは日本でも大きく報じられました。昨年のパリに引き続き、またしてもヨーロッパの国、その中でも日本人に人気のある観光都市ブリュッセルでのテロということもあり、日本でも注目される事件でした。

露プーチン大統領「国際社会の最も活発な協力が必要」

ロシア大統領プーチン氏は22日、ブリュッセルで起きたテロについて「残忍な犯罪を断固非難する」と述べ、国境のないテロとの戦いには「国際社会の最も活発な協力が必要だ」と訴えました。また「(犠牲者への)哀悼の意と、ベルギー国民との確固たる連帯の意」を表明し、ベルギーのフィリップ国王宛てに、こうした内容のメッセージを送付しました。

バドミントン選手の違法カジノ

バドミントン選手違法カジノ

リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子シングルスでメダル獲得を期待されていた桃田賢斗選手が、日本国内の違法なカジノ(闇カジノ)に複数回入店し賭博をしていたという問題。

もちろん2016年時点で日本ではカジノは禁じられています。

桃田選手は2015年世界選手権男子シングルスで日本勢初となる銅メダルを獲得し、トップ選手が集まるスーパーシリーズ・ファイナルでも優勝。世界ランキングは現在2位で、5月5日付ランキングで決まるリオ五輪出場は確実とみられていました。

トップクラスの選手というだけに、子どもたちの憧れの存在でもあった選手がこのような事件を起こすのはとても残念です。

先輩から誘われて断れなかったという事情もあったとは思いますが、それでも法を犯す行動には理解と秩序をもつべきだと思われます。

2020年に向けたカジノ法案

日本でカジノは禁止されていますが、2020年の東京オリンピックに向けて日本でもカジノを合法化する動きが出てきています。

それがカジノ法案(IR法案)です。

カジノを含む統合型リゾート実現のため、カジノを合法化しようとするものですが、2016年12月6日、このカジノ法案が衆院本会議で賛成多数で可決し参院に送付されました。

カジノができることによるメリットとデメリット

メリットは観光客増加に伴い、日本国内での消費が増えることにあります。その結果、経済にいい影響を及ぼし、日本の景気がプラスになることが予想されます。

しかしその一方でデメリットはギャンブル依存症になる日本人が増えるのではないかという懸念があります。もちろん節度をもって行う分には問題ないのですが、負ければ勝つまでやってやると思うのが人間の性です。

ギャンブルにのめり込み人生を台無しにすることもありえます。

多大な被害を及ぼした熊本地震

熊本地震

2016年4月14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする地震があり、同県益城町で震度7の揺れを観測しました。

気象庁によると、震源の深さは約11キロ(暫定値)、地震の規模(マグニチュード)は6.5(暫定値)と推定される。この地震による津波の心配はないという。震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来。100人を超える多数の負傷者、また多数の家屋が倒壊が発生しました。

気象庁は、地震のメカニズムについて、南北方向に引っ張られる「横ずれ断層型」と説明した。この地方では一般的なメカニズムとしている。

15日午前0時すぎには、熊本県で震度6強の揺れを観測するなど震度3以上の余震が二十数回発生した。

G7伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット

アメリカの新大統領にトランプ氏就任

トランプ新アメリカ大統領

全世界が注目するアメリカの新大統領に過激な発言で知られる共和党のトランプ氏が当選を果たした。

共和党政権は8年ぶり。共和党は上下両院で過半数維持を決め、大統領と両院多数派の政党が異なる「ねじれ」は解消。トランプ氏がオバマ大統領の内政・外交路線を転換しようとするのは確実だ。ただ、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱など、トランプ氏が掲げる「米国第一」主義は共和党の伝統的な立場とも大きく隔たっており、政権運営がどう展開していくかは不透明だ。

アメリカ大統領の任期は4年。選挙人による12月19日の形式的な投票を経て、来年1月20日に第45代大統領に就任する。副大統領にはマイク・ペンス・インディアナ州知事(57)が就く。

舛添都知事辞任

舛添元都知事

東京都の舛添要一知事は15日午前、政治資金流用をはじめとする公私混同問題の責任を取り、辞職する意向を固めた。

舛添氏をめぐっては、高額な海外出張費や公用車を使った週末の別荘通いに加え、私的な飲食費や家族と宿泊したホテル代を、政治資金から支出していた問題などが噴出。都民や都議会からの批判が高まっていた。

ポケモンGO

ポケモンGO

任天堂などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の配信が2016年7月22日午前、日本で始まりました。

先行して配信された30カ国以上で爆発的人気となっており、日本でも社会現象になりました。

ポケモンGOはスマホを持ったプレーヤーが全地球測位システム(GPS)位置情報を活用して実際に街を歩き、スマホ画面に現れるポケモンを探し集めるゲーム。ピカチュウをはじめ、人気のポケモンが多数出現することにより、ユーザーのニーズを捉えたゲームになっています。

歩きスマホ、ながら運転による事故多発

ポケモンGOは移動することによって、新しいポケスポットでのアイテム入手、またポケモンが出現します。

移動が必要であるという点については、外出や運動を促すという世間にもプラスになります。

しかしその一方で歩きスマホやながら運転による事故発生が問題となっています。

歩きスマホによる他の歩行者との接触、また駅のホームへの落下があとを絶ちません。

またアプリをしながら車の運転を行うながら運転もあとを絶ちません。ながら運転の事故に巻き込まれ死亡事故にまで発展することも起きています。

墓地などの神聖な場所にポケスポット

また事故にまでは及びませんが、入るべきでないところにまで侵入してしまうという事態も起きました。

崖などで危険な場所に置かれたり、日本では原爆ドームの近くに置かれたり、不謹慎な場所にポケスポットが置かれるという事態が起こりました。

この事態には任天堂が素早く対応を行いましたが、一度起こった事態に近隣住民は不快さを覚えます。

小池百合子東京都知事

小池百合子東京都知事

生前退位

生前退位

盛り土

築地盛り土

君の名は

君の名は。

2016年8月26日に全国公開されたアニメーション映画が「君の名は。」です。

監督は新海誠さん。東京に暮らす少年・瀧(たき)と、飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に謎の入れ替わり現象が起こり、1200年ぶりに地球に接近するという架空のティアマト彗星をめぐる出来事を描きました。

興行収入200億円突破は確実と見られており、日本における歴代興行収入ランキング5位(日本映画では2位)となっています。

ちなみに「君の名は。」が公開されるまでの興行収入ランキングは下記のとおりです。

  • 1位:千と千尋の神隠し 304.0億円
  • 2位:タイタニック 272.0億円
  • 3位:アナと雪の女王 259.2億円
  • 4位:ハリー・ポッターと賢者の石 203.0億円
  • 5位:ハウルの動く城 196.0億円
  • 6位:もののけ姫 192.1億円
  • 7位:踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 173.5億円
  • 8位:ハリー・ポッターと秘密の部屋 173.0億円
  • 9位:E.T. 163.5億円
  • 10位:アバター 156.0億円

日本にとどまらず、アジア・ヨーロッパでも公開

「君の名は。」の人気は日本だけにとどまらず海外にまでも広がっています。

台湾、中国、シンガポールなどのアジア。アイルランド、フランス、イタリアのヨーロッパ。アメリカ、メキシコでも公開されました。

「君の名は。」は海外でも絶大な人気を誇り、各国の日本アニメーション映画の記録を塗り替えるほどです。

映画中に登場した場所の聖地巡礼

また「君の名は。」は映画だけの人気にとどまらず、映画中に出てきた場所をめぐる聖地巡礼も話題になりました。

しかし聖地の近隣住民から騒音などの苦情が入ったことを製作委員会が発表し、人々へ節度の持った行動を求めています。

まとめ

以上、2016年の重大ニュース15選をご紹介しました。

(もちろんこれ以外にも重要なニュースは数ありますが、上げていけばきりがありませんので、個人の独断と偏見で選んでいます。)

受験生は特に意識をしてほしいのですが、あくまでこれらのニュースを知っているだけでは意味がありません。

大事なのはその出来事に対して自分はどう考えるかという意見が重要です。

事実を知っているということに対しては他の人との差別化はできませんが、個人の意見では差別化を図ることができます。

面接の場で「最近気になったニュースはありますか?」という質問がよく出題されます。

もちろん何かしらのニュースを答えると思いますが、大事なのはそのニュースが何かではありません。

面接官はそのニュースに対する考え方を知りたいのです。

そのため、ニュースを知るだけではなく、そのニュースに対する自分の意見を持つように心がけましょう。

9月のオススメ記事
PICKUP注目注目1注目2お子様の勉強タイプはどれ?
【スポンサーリンク】

【応援よろしくお願いします。】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。