TAKA’s プロフィール

現役家庭教師による教育ブログ

現役家庭教師による教育ブログについて

はじめまして。現役家庭教師のTAKAです。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは私の塾講師と家庭教師の経験を元に、教育に関する記事を書いていきます。

もちろん私の意見であるため、反対意見の方もいらっしゃると思います。

その方はぜひコメントに残してください。それでお互いの情報を共有できれば幸いでございます。

 

このブログは中学生や高校のお子様がいる保護者の方、就活生の方向けの記事が多いです。

また中学生や高校生の方も参考になる記事がありますので、ぜひ御覧ください。

塾講師と家庭教師を経験し、子どもの勉強に関する教育には自信を持っております。

 

また子どもの勉強に対する教育を心理学の面からも考えていきたいと思います。

特に記憶のメカニズムを考え、より記憶に残りやすい勉強法を指導します。

管理人TAKAの経歴紹介

それではここからざっくりではありますが、私の経歴を紹介します。

島根生まれの滋賀育ち

1989年に母親の親元である島根で生まれました。

育ちは琵琶湖や彦にゃんで有名な滋賀県です。

青山学院大学法学部法学科

大学は青山学院大学の法学部法学科に入学しました。

大学では主に民法や憲法を学び、また税法や著作権法などを学びました。

また法律だけではなく力を入れていたのが心理学です。

教育に携わっていたため心理学を活用出来ないかと思い、学んでいました。

某大手塾講師として2年半、その後家庭教師として教育に携わる

大学に入学してから念願だった塾講師のアルバイトを始めました。

指導していた科目は数学・英語・小論文で、2年半で約50名程の生徒を指導し、教育のノウハウを学びました。

就活と引越を機に塾講師のアルバイトを辞め、その後は家庭教師を始めました。

私は完全に個人契約の家庭教師をしておりますので、家庭教師斡旋会社は通していません。

家庭教師では小中高生だけではなく、就活生への指導も行っておりました。

趣味・マイブーム

趣味

サッカー(好きなサッカーチームはセレッソ大阪)、フットサル、野球、ランニング、海外ドラマ、映画鑑賞、海外旅行

<<今までに訪れた国・都市>>

  • アメリカ・・・カリフォルニア州アーヴァイン
  • スイス・・・チューリッヒ、ベルン、ツェルマット
  • イタリア・・・ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ヴェローナ、ミラノ
  • フランス・・・ニース、カンヌ、モナコ、マントン、アヴィニョン
  • ドイツ・・・ケルン、フランクフルト、ボーフム、レバークーゼン、ヴュルツブルク
  • ドバイ
  • 韓国・・・ソウル
  • 台湾・・・台北
  • 香港
  • マカオ
  • タイ・・・バンコク

<<これから訪れたい国・都市>>

  • クロアチア・・・ドブロブニク
  • チェコ・・・プラハ
  • オーストリア・・・ウィーン
  • アイスランド・・・レイキャビック
  • フィンランド・・・ヘルシンキ

マイブーム

スタバでダークモカチップフラペチーノを飲みながら、記事を書いたり海外ドラマを観ること。

管理人TAKAの教育業界への関わり

私が大学入学時から某大手個別指導学院で塾講師として教育の仕事を始めました。その個別塾は生徒と講師が2対1、もしくは1対1という形式で授業を行っていました。

その塾講師では2年半で約30人程の指導に携わりました。

その後大学のキャンパス移動のため引越を余儀なくされ、2年半勤めた塾講師を辞めることになりました。

塾講師を辞めて3ヶ月程は就職活動に精を出していましたが、やはりリアルタイムで教育に関わっていたいと思い、就職活動の真っ只中なのに新しく家庭教師を始めました。

それからは今現在まで教育業に携わっています。

塾講師・家庭教師の実績

私は今まで塾講師と家庭教師で100人以上の生徒を見てきましたが、まず成績を落としたことは一度もありません。指導をした生徒は100%成績が上がっています。

中学生や高校生の受験生は第1志望の高校、大学に合格をしています。その中には一般入試だけではなく、推薦入試での合格者もいます。

また中学生や高校生への勉強の指導だけではなく、就活生へSPIや履歴書・ESや面接の対策の指導も行っています。

どの就活生も見事第1志望の企業に内定をもらうことが出来ています。

 

指導生徒の進路を一部ご紹介

・中学2年生 9月時点での成績 ほぼオール1

⇒推薦入試合格で第1志望の高校に合格!

 

・中学2年生 10月時点での成績 ほぼオール1

⇒推薦入試合格で第1志望の高校に合格!

 

・就職浪人の大学4年生

⇒ES添削と面接対策で第1志望の保険会社内定獲得!

 

私の教育に対する思い

私がなぜ家庭教師をしているかと言うと、まず教育に関する自信があるということです。

まだ10年にも満たない未熟者ですが、この期間に多くの経験を積んできました。

塾講師として働き出して中学生に対する指導法、高校生に対する指導法はもちろんのこと、学年別の指導法、さらには学習障害者に対する指導まで行ってきました。

そういった数々の経験を活かせるのは、今やっている家庭教師であると考えています。

家庭教師としてマンツーマンで生徒と会話することにより、自分の経験を生徒に伝えていくことが私の使命です。

 

もともと私は勉強が大嫌いでした。

地元が田舎なので、小さい頃は友達とずっと外で遊んでいました。

そしてサッカーと野球に打ち込み、勉強など全くしてきませんでした。

そんな私が勉強に目覚めたのは大学に入って1人ぐらいをしたいという明確な目標が見つかったからです。

親がとても厳しい家庭だったので、どうしても大学生になったら一人暮らしをしたかったのです。

その目標が定まってからは、今まで机に向かうことすらなかった私が、平日でも5時間は勉強するようになりました。

あまり時間を気にしていなかったので、土日は10時間はしていたと思います。

人間は目標を見つけて、それを本気で叶えようと思ったらいくらでも頑張れるんだと後になって実感しました。

 

別に家庭教師の生徒に1日に何時間も勉強しろと教えるつもりはありません。

しかし勉強することにより、人生の選択肢が増え、より有利な人生を送れることになることを伝えていきたいと思います。

 

就活生の家庭教師

みなさん、家庭教師は小学生や中学生、高校生に勉強を教える先生と思っていますか。

確かにそれは正しいです。

実際、世の中の9割位はその形態の家庭教師です。

しかし、私は就活生の家庭教師も行っています。

 

私自身も就職活動を経験し、とても大変な思いをしました。

私の時代の就活は超氷河期と言っても過言ではありません。

何故かと言うと、あの東日本大震災の時だったからです。

就職活動真っ只中のときに大震災が起き、新卒募集を取りやめる企業なども出て来て本当に大変でした。

エントリーも何十社もし、面接にもかなりの数を受けました。

その結果、5社から内定を頂くことが出来、無事に就職活動を終えることが出来ました。

 

そこで私はその経験を就活生に伝えるために、就活生の家庭教師を始めました。

具体的にはまず就活の大前提にもなるSPIや玉手箱の指導を行います。

それから就活の鬼門でもある面接の対策。

ES(エントリーシート)や履歴書の添削。

そして就活の全般的な相談や悩みまでお話もします。

もちろん、確実に内定をもらえるという保証は出来ません。

しかし確実に内定をもらえる確率はアップさせます。

 

保護者様からの相談も受けております

勉強の指導だけではなく、保護者様からの相談も受けております。

子どもが勉強しない、勉強しても成績が上がらない、塾に行かせても結果が出ない。

そんな悩みを持った保護者様が多いのは事実です。

実際、私もありがたいことに多くの相談を頂いております。

もちろん全てのご相談に対応させていただきます。

もし少しでもお悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください。