予習はしたらダメ??正しい春休みの勉強法は徹底に復習をして基礎を固めること

予習はしたらダメ??正しい春休みの勉強法は徹底に復習をして基礎を固めること

3月になると学校では卒業式を迎え、

在校生は4月から学年が一つ上がります。

 

中学1年生は中学2年生になり、

中学2年生は中学3年生になります。

 

学年が上がるということは、

もちろん勉強のレベルも上がります。

 

そこで勉強面で春休みをいかに活用するかが

今後の勉強において大事になってきます。

 

この記事では春休みの勉強法を説明していきます。

春休みの勉強はとても大事!次学年の予習をすすめる??

約2週間ある春休みをどう勉強するかで、

春休み明け以降の勉強に大きく関わってきます。

 

毎日学校が休みなので、子どもは友達と遊びたくなるでしょう。

遊ぶこと自体は私は悪いとは思いません。

 

しかし遊んでばかりいると、

次学年に進級していざ勉強が始まると

かなり苦労することになります。

 

間違った春休みの勉強とは・・・

それでは春休みはどのように勉強すればいいのでしょうか。

 

間違った春休みの勉強法とは、

いきなり次学年の予習をすすめることです。

 

これは絶対にやってはいけません!

言ってしまえば時間のムダです。

 

もし今学年の勉強の内容を

100%理解しているのであれば

予習をすすめても問題はありません。

 

しかしそうでない場合は、

絶対にいきなり予習をすすめてはいけません。

 

次の学年こそスタートダッシュを決めたいという気持ちも分かるけど・・・

もちろん予習をすすめたいという気持ちも分かります。

 

1年生では少しつまずいたから、

2年生ではスタートダッシュを決めて勉強を頑張りたい!

だから早くから予習をすすめる!

 

確かにその気持ちも分かります。

ただ最初はそれで学校の勉強についていけても、

いずれ必ずボロが出て、結局ついていけなくなります。

 

人が嘘をついて、最初は隠し通せても、

いずれはバレますよね。

 

それと同じです。

基礎が固まっていないのに次のステップに進んでも、

そのうち必ず遅れを取るようになります。

 

春休みは徹底的に復習をして基礎を固める

そのため、2週間近くある春休みは

まず復習をすすめましょう。

それも軽く復習をするのではなく、

徹底的に基礎を固めるために復習をしましょう!

 

次学年の勉強の内容は、

基本的には今学年の応用になります。

 

そのため、今学年の内容をしっかりと理解していないと、

次学年の内容も理解できるわけがありません。

 

例えば中学1年生の数学で例えると、

中1では 5 + (-3) や、-7-(-4) のような計算を勉強します。

 

そして中2では 6a-8b+13a-(-2b) のような計算を勉強します。

 

ご覧の通り、中1ではシンプルな計算でしたが、

中2では中1に比べると複雑な計算になります。

 

つまり中1の計算が出来なければ、

中2の計算も出来ないということです。

 

可能であれば予習も少し進める

ただ復習ばかりで春休みを終えてしまうのももったいないので、

もし可能であれば次学年の予習も少しすすめましょう。

 

春休みはまずは基礎を固めることを徹底しますが、

予習をするに越したことはありません。

 

塾に通っていたり、家庭教師をつけている場合は、

出来るのであれば予習も行いましょう。

 

まとめ

このページでは春休みの正しい勉強法を説明してきました。

春休みはいきなり次学年の予習をすすめるのではなく、

まずは今学年の復習をすすめましょう!

 

いきなり予習をすすめても、

そのうちボロが出て、いずれつまづきます。

 

徹底的に復習を行い基礎を固めてから、

時間があれば次学年の予習を進めましょう!