【応援よろしくお願いします。】

【面接対策】面接前の就活生は必見!!面接でよく聞かれる50コの質問例

【面接対策】面接前の就活生は必見!!面接でよく聞かれる質問例

就活の面接では希望者に対して多くのことが質問されます。

その質問の中には一般的な内容のものから、変わった内容ものまであります。

この記事では一般的な内容の質問をまとめてみました。

面接を控えている就活生にはぜひ参考にしていただき、面接に備えてください。

【スポンサーリンク】

面接の質問はだいたい決まっている

就活生の中には、選考の中で面接を一番苦手としている就活生が多いです。

確かに気持ちは分かります。実際、私も面接が一番苦手でした。

何を聞かれるか分からないし、答えても面接官の顔が怖いままでと不安になるし、予想外の質問が来たらうまく答えられないし。

私はこのような不安を持っていたので、面接はとても苦手でした。

しかし面接は対策を行いやすい選考プロセスになります。

なぜなら面接官にされる質問はおおよそ決まっているからです。

志望動機だったり、人物像に関する質問だったり、学生生活やアルバイトに関する質問だったり、おおよその内容を予測することは出来ます。

もちろん予想できないような質問もあります。

私が受けた質問で一番の難問だったのが「あなたを家電で例えるなら何?」という質問でした。

まさかこのような質問をされるとは思ってもみなかったので、とても焦りましたし、正直なんと答えたのか覚えてもいません。

そういった変な質問を除けば、おおよその質問を予測することは出来ます。

あとはいかにその質問に対する回答を準備するかです。

就活生は必見!面接でよく聞かれる質問はコチラ

それではここから面接でよく聞かれる質問を紹介していきます。

下記では【志望動機編】【人物編】【大学編】【アルバイト編】という分類をしました。

志望動機編 <15問>

  • なぜこの会社を志望したのですか?
  • 他にも似たような会社はたくさんあるのに、なぜ当社を志望したのですか?
  • 志望する部署はありますか?
  • この会社の強みはどこにあると思いますか?
  • あなたはこの会社でどのように活躍したいですか?
  • この会社は第1希望ですか?
  • 仕事を通してどのように成長したいですか?
  • 仕事とプライベートのどちらを大切にしますか?
  • 当社のホームページを見た感想をお願いします。
  • あなたがこの業界を志望する理由は何ですか?
  • 当社はこの業界のどこに位置すると思いますか?
  • 当社の理念についてどう思いますか?
  • 当社の事業内容や戦略についてどう思いますか?
  • 当社の弱みはどこにあると思いますか?
  • 転勤があっても大丈夫ですか?

人物編 <16問>

  • 自己紹介をしてください。
  • 自己PRをお願いします。
  • あなたを一言で表すとするとどうなりますか?
  • あなたの長所と短所を教えて下さい。
  • あなたの強みと弱みを教えて下さい。
  • あなたは周りからどう思われていると思いますか?
  • あなたを動物で例えると何になりますか?
  • あなたの趣味は何ですか?
  • 尊敬している人物はいますか?
  • あなたの大切にしている言葉はありますか?
  • あなたの夢は何ですか?
  • 最近の気になるニュースを教えて下さい。
  • 最近読んだ本を教えて下さい。
  • 最近涙を流したことはありますか?
  • 今までで一番感動したことは何ですか?
  • あなたはどのような人が苦手ですか?

大学編 <9問>

  • なぜこの大学に入学したのですか?
  • 学生時代で最も頑張ったことは何ですか?
  • それはなぜ頑張れたのですか?
  • 今までの成功体験を教えて下さい。
  • 今までの失敗体験を教えて下さい。
  • サークルには所属していましたか?
  • サークルでは役職についていましたか?
  • 卒業研究の内容を教えて下さい。
  • なぜその研究テーマにしたのですか?

アルバイト編 <10問>

  • アルバイトは何をしていましたか?
  • アルバイトで頑張った点はどこですか?
  • アルバイトで何か達成したことはありますか?
  • アルバイトではどういう役割を担っていましたか?
  • なぜそのアルバイトにしたのですか?
  • アルバイトで苦労したことは何ですか?
  • その苦労をどう解決しましたか?
  • アルバイトでは何を学びましたか?
  • アルバイトで大きな失敗をしたことはありますか?
  • その失敗をどうリカバリーしましたか?

まとめ

就活における面接では、おおよそ決まったことを聞かれます。

そこで大事なのは人と違ったことを答えようと思わないことです。

よく人と違ったことを答えないと面接官の印象に残らないと思われています。確かにそれは間違いではありません。

しかし他人と違うことを言わなければならないということに意識が行き過ぎて、回答がとても薄いものになりがちです。

面接官が求めている回答は、しっかりと根拠がある回答です。

一番嫌われるのは「何となく」とか「特に・・・」です。こういった根拠の無い回答はとても嫌われ、選考に通ることはありません。

面接ではしっかりと根拠のある回答をするように心がけましょう。

PICKUP注目注目1注目2お子様の勉強タイプはどれ?
【スポンサーリンク】

【応援よろしくお願いします。】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。