【応援よろしくお願いします。】

【中学速単解説】③アンディとジミー(3)解読のポイント

【中学速単解説】③アンディとジミー(3)
【スポンサーリンク】

③アンディとジミー(3)解読のポイント

超重要熟語のwould like to do、時間の前後を表す before をチェック!

また意外とその意味を覚えられない thing も覚えましょう!

本文読解

Jimmy answered,/

ジミーは答えた、

“OK, go ahead.//

「いいよ、どうぞ。

But I would like to do/ one thing/ before you eat me.//”

でも私はしたいことがあります、ひとつ、あなたが私を食べる前に。」

“What is that?/” said Andy.//
「それは何だい?」アンディは答えた。

would like to ・・・「?したい」

would like to do で「?したい」という表現になります。

本文の場合、

I would like to do one thing とあり、

「私は一つしたいことがある(させてほしいことがある)」という訳をします。

よく似た表現でwant to do があります。

こちらも「?したい」という意味で、

よく参考書ではwould like to = want to と

説明されている場合もあります。

厳密に言うと、

would like to do は相手に何か希望や要望をお願いするとき

want to do は自分の希望を言うときに使います。

例えば電話をして誰かと話したいというとき、

I would like to speak to Mr. John.

友達と話をしていて将来野球選手になりたいというとき、

I want to be a baseball player.

余裕がある場合は、

この違いも覚えておきましょう。

S V before S’ V’ ・・・S’がV’する前に、SがVする

beforeは某テレビ朝日の有名番組でもあったように

before と after のセットで覚えましょう。

before が「?する前に」

after が「?する後に」になります。

またこれらの使い方もチェックです。

一番良く使うのが、

S V before (after) S’ V’ の形です。

※S→主語、V→動詞

この形で「S’ が V’ する前(後)に、S が V する」という訳になります。

単語をチェック

・answer?[動詞]・・・答える

[answer – answered – answered]


・go ahead?[熟語]・・・(相手に譲る意味で)どうぞ

※その単語の通り、「前に進め」という意味もあります。


・thing?[名詞]・・・こと


・eat?[動詞]・・・食べる

※過去形、過去分詞の形に注意!

[eat – ate?- eaten]


・said?[動詞]・・・say(言う)の過去形

※過去形、過去分詞の形に注意!

[say -?said?-?said]

9月のオススメ記事
PICKUP注目注目1注目2お子様の勉強タイプはどれ?
【スポンサーリンク】

【応援よろしくお願いします。】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。