【応援よろしくお願いします。】

解説シリーズ:速読英単語(中学阪)③アンディとジミー(3)

速読英単語(中学阪)③アンディとジミー(3)

この記事は中学阪速読英単語の③アンディとジミー(3)の解説ページです。

今までの流れを理解していれば、そこまで読むことが難しくないページになります。

【スポンサーリンク】

本文

IMG_6786

訳し方

① Jimmy answered, ~. ジミーは答えた。<何を?>(私を食べて)いいよ。

② But I would ~. でも私はしたいことがある。<何を?>一つのことを。<いつ?>あなたが私を食べる前に。

③ “What is that? ~. それは何だ?とアンディは言った。

would like to do

would like to do「・・・がしたい」と訳し、英文ではかなりの確率で見る熟語です。

「・・・したい」というとwant to doが有名ですが、would like to doと何が違うのかというと、would like to doの方がより丁寧な言い方になります。

want to doはかなり命令口調に近く、子どもが親に言うときなどに使います。

そのため、一般的にはwould like to doを使った方が無難です。

would like to doはSが「・・・したい」という使い方をしますが、例えば「あなたに・・・して欲しい」という使い方をしたい場合には、would like you to doというようにwouldとtoの間にその対象を入れます。

S V before S’ V’

beforeはよくafterと比較して紹介されます。

日本でも劇的ビフォーアフターというリフォーム番組でもあるように、日本語でもこの単語は認知されています。

英語での使い方の一つはS V before S’ V’.「S’がV’する前に、SがVする」と使います。

9月のオススメ記事
PICKUP注目注目1注目2お子様の勉強タイプはどれ?
【スポンサーリンク】

【応援よろしくお願いします。】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。