【中学速単解説】②アンディとジミー(2)解読のポイント

【中学速単解説】②アンディとジミー(2)解読のポイント

②アンディとジミー(2)解読のポイント

ここでは分詞be going to do?が重要ポイント!

また little の用法も要チェック!

 

本文読解

One day,/ Andy finally caught /a little mouse/ called Jimmy.//

あるひ、アンディはようやく捕まえた、小さいネズミを、ジミーと呼ばれる。

 

He said/ to Jimmy,

彼は言った、ジミーに。

 

“Are you ready?//

「準備はいいかい?

 

Now/ I’m going to/ eat you.//”

これから、私は食べちゃうぞ、あなたを。」

 

a little・・・「ほとんどない」ではなく「小さい」

littleは主に「ほとんどない」という意味と

「小さい」という意味を使います。

 

いつどっちを使うのかというと、

little+名詞→「ほとんどない」

a little+名詞→「小さい」

になります。

 

aがあるかないかで意味がかなり変わるので、

要注意です!

 

mouse called Jimmy・・・過去分詞で名詞を修飾

名詞を過去分詞で修飾します。

この時、動詞が過去分詞の場合、

受み身的な訳をします。

 

本文の場合、

mouseにcalled(callの過去分詞)がかかっているので、

「ジミーと呼ばれるねずみ」と訳します。

 

※動詞の~ing形で名詞を修飾する場合、

?している」と訳します。

 

I’m going to・・・未来を表す表現

be動詞+going to do(動詞の原形)の形で

未来を表す表現になります。

 

be動詞は主語にあったものを選びましょう。

(主語がyouならbe動詞はare, heならis)

 

toの後ろの動詞は必ず

動詞の原形を置きましょう!

 

※未来を表す表現に助動詞を使うwillがあります。

学校ではwill = be going to と教えてもらいますが、

厳密に言うと違います。

 

すでに決まっている未来、

直近の未来にはbe going to を使い、

 

まだ決まってはないけどその予定であるというときには、

will を使いましょう。

 

単語をチェック

・one day?[熟語]・・・ある日

よく長文や物語の初めに出て来る!


・finally?[副詞]・・・ついに、ようやく


・caught?[動詞]・・・catchの過去形

※過去形、過去分詞の形に注意!

[catch -?caught?-?caught]


・said?[動詞]・・・say(言う)の過去形

※過去形、過去分詞の形に注意!

[say – saidsaid]